院長ポートレイト 院長ポートレイト

クリニック内の設備を
ご紹介いたします。

クリニック内の設備を
ご紹介いたします。

クリニックの紹介

当院の強み

 しびれ・神経痛のお悩みは
当院にお任せください!
 にし整形外科ペインクリニックでは、脊椎外科を得意としており、一般的な治療では改善が難しいしびれや痛みに対して、神経ブロック療法やその他様々な治療法を用いて、一時的な痛み止めではなく、長期的にも症状を改善していく治療を行っています。首や腰の疾患、交通事故による後遺症に対しても、諦めることなく症状の改善に全力で向かい合っており、その口コミにより他県や遠方からの患者様も多くいらっしゃいます。
 また、慢性的な痛みだけでなく、外傷治療にも積極的に取り組んでおり、プロスポーツチームと連携を組んでアスリートのサポートや、日本ではまだあまり普及されていない「超音波骨折治療法」を先駆けて導入するなど、患者様のために何ができるのかを最優先にした治療法の提案を行っています。

当院のご紹介

01

受付

院内の写真
02

待合室

院内の写真
03

リハビリ治療スペース

院内の写真 院内の写真 院内の写真

医療設備の紹介

  • デジタル X 線撮影装置

    デジタル X 線撮影装置

    体の内部の構造や変化を調べるためのレントゲン撮影装置です。デジタルX線は海外旅行に行く飛行機の中で浴びる自然放射線量の1/20と被ばく量が少なく、体内に残ることはありません。レントゲン検査は、体に影響を及ぼさない範囲で行われますのでお子様でも安心して行っていただけます。
  • 超音波診断装置

    超音波診断装置

    超音波を用いて身体の中を見る装置です。身体に超音波を送信し、組織からの反射(エコー)を映像化することで、身体の断面画像が得られます。レントゲンでは写らない筋肉や靭帯、軟骨などを見ることができ、より詳細な診断が可能になります。レントゲンでは何もなくても超音波で見ると骨折していることも多々あります。超音波は体に害は全くないので妊娠中の方でも行うことが可能です。
  • 赤外線治療器

    赤外線治療器

    近赤外線の光が、体の深部まで浸透して、血流・血量を増大し、新陳代謝を促進します。筋肉の凝りや痛み、関節痛などに使用できます。また、神経ブロックにも効果が期待できます。
  • 赤外線治療器

    赤外線治療器

    遠赤外線の作用により、患部を穏やかに深部まで暖め、血流を増加させ、新陳代謝を促進します。
  • 乾式ホットパック装置

    乾式ホットパック装置

    振動と温熱で深部まで十分に暖め、血流を改善し、新陳代謝を促進させます。疼痛を緩和し、血行不良からくる痛みやしびれを和らげます。
  • 干渉電流型低周波治療器

    干渉電流型低周波治療器

    周波数が異なる2つの電流を患部に流し、体内に生じる干渉波の大きな電気エネルギーで筋肉を収縮させ、血流を改善し、痛みを緩和します。ソフトで、深さと広がりのある刺激が特徴です。
  • 超音波治療器

    超音波治療器

    超音波の機械的振動を生体に与え、その温熱作用とマイクロマッサージ作用による疼痛緩和や血流促進、組織の修復等を目的とします。
  • ウォーターベット型マッサージ器

    ウォーターベット型
    マッサージ器

    水圧刺激により、肩から腰、下肢にかけての筋肉・腱・靱帯の凝りをやさしくほぐし、血行の改善を促進します。リラクゼーション効果に優れています。
  • ハイボルテージ

    ハイボルテージ

    瞬間的に高電圧電流を流すことにより電流刺激を深部の組織まで到達させることができます。そのため、直接患部の炎症を抑えたり、痛みの軽減、治癒力の促進をすることができ、従来の電気治療に比べ、体の奥深い患部へ直接アプローチすることが可能です。短時間で痛みを軽減できるため、オリンピック競技、プロスポーツの現場などでも重宝されています。